わらひよ家の鈴ちゃん

今日はわらひよ家の私的なご報告です。

わらひよ家の猫、鈴のことです。
(長文ですみません)

20200302-1


2018年12月。
多尿に気づき、ラプロスを1日回飲ませ定期健診もしていましたが
その一年後の2019年12月10日の検診で数値が悪くなりはじめており、
ラプロスを1日2回にしました。

約1週間後の12月18日に食欲が落ちはじめ再度病院へ。
腎臓の数値がかなり高くなっていました。


毎日仕事から帰ってから駆け込みで通院し1週間。
12月24日、先生もニッコリするくらい数値もかなり下がってきたので
通院のストレスも考え、通院は週1回。
注射2本を毎日家で打つ処置に切り替えました。

大晦日の頃には腎臓の数値は正常範囲近くまで下がりましたが
赤血球が減少し貧血を起こしているため、赤血球を増やす注射を
はじめました。

お正月三が日にはかなり元気になって、爪とぎをバリバリしたり、
階段も上り下りして家中の見回りして歩くまでに。


早い子は1回目の注射から変化がでるとのことで
翌週2回目のときに血液検査をすると、少し改善が見え始めてました。

貧血が収まれば、きっと食欲も戻っくるよ
そしたら注射の量も少し減らせるようになるかなと、先生とも話して。







20200302-2


その矢先のことでした。
2020年1月11日の夜、シリンジ給餌の1時間後に嘔吐しました。

翌日、翌々日と、どんどん力が弱くなっていくのに
できる限りの検査をしても何もわからないまま。
どこも悪いところが見つからないんです。
心電図すら正常で。

不安でたまらなかったけど、
このまま死んじゃうなんてことないから、大丈夫よ
と笑顔で力づけてくれた院長先生。‬



‪1月14日の朝。
まるでわたしたちが起きるのを待っててくれたかのようでした。‬
‪抱き上げると安心したようで。

最後の瞬間まで一緒にいれて、大好きだよって抱きしめて
天国に旅立たせてあげれてよかった。


死因は
おそらく多臓器不全。

眠るように
苦しむこと無く旅立ちました。



授乳から育てて16年半。
頭が良く姉御肌の反面、わらびのストーカーで、抱っこもおんぶも大好き。
パソコン前に座れば膝の上に寝そべりうっとりと顔を見上げて。
毎日のように浴室までついてくる、いつもべったり側にいる子でした。


呼べば「にゃにゃっ」と鈴を転がしたような声で返事をして走ってくる
「待て」も「ダメ」もわかる
テーブルの上の物を勝手に食べたりしない
とっても賢い
だけどちょっとおっちょこちょいで
かわいい自慢の鈴ちゃん
大好きだよ


‪双子の片割れの風。‬
‪鈴とは1日中一緒、トイレのタイミングも同じってくらい仲良しだったのに
亡くなる数時間前から何かを察したのでしょうか。
鈴に背中を向け、頑なに近寄りませんでした。
でも同じ部屋からは出て行きませんでした。


先日、たんぽぽ墓苑さんで七七忌(四十九日)法要をし卒塔婆をいただきました。

そして今日は七七忌ですが、風はまだ落ち着きません。
でも、夜中に泣き叫ぶように探し回ることは少なくなりなりました。
生まれる前から一緒だったんだもんね。





実は、鈴が"里親様審査委員長"でした。
わらひよ一門会の皆様は、鈴に会われたことのある方が多いので
ご報告させていただきました。


少しの間、お預かりの方はお休みさせていただきますが
わらひよは元気です。

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

わらひよ

Author:わらひよ
東京スカイツリーの近所で、個人での預かり&里親さま募集をしている「わらひよ」こと、ペットケアアドバイザー(愛玩動物飼養管理士1級)で甘い物が苦手な「わらび」と、甘い物が好きだけどダイエットもしなきゃ?の受付係の「ひよこ豆」。
保護ワンニャンの教育係兼遊び相手は・・・三毛猫の風鈴姉妹、沖縄80頭崩壊出身の麦、愛護センター出身の花です。

【里親さまお申込みフォーム】
 ↑クリック↑
上手く開かない場合はhttp://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P85585233
(コピペしてご使用ください)

facebookはじめました

twitterはじめました

同盟バナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
わらひよ家からの卒業生





























カウンター
検索フォーム
リンク(50音順)





RSSリンクの表示
QRコード
QRコード