家族とは名ばかり

わらひよ家でお世話になっているドッグフード&キャットフードのお店「ann.」さんからのメルマガの一部を紹介させていただきたいと思います。
ann.さんは、添加物を一切使用していない無添加の安心・安全のドッグフード&キャットフードのお店で、ペットフード栄養士さんのお店でもあります。

ann.さんの回し者ではありません(笑)


-+-+-+-+-+-

今週は動物愛護週間です。
あるテレビ局では衝撃的な映像とともに、深夜遅くまで仔犬が起こされて売られているペットショップや、悪臭の狭いケージで腐敗した餌を与え仔犬を生ませているブリーダー、不要になったからと保健所に安楽死させてくれと犬や猫を持ち込む飼い主、苦しそうに死んでゆく殺処分の動物達など、ペット業界の悲惨な現実を紹介。
でも、これは現実です。
とても関係なく遠い世界と思っているもの無理はありません。
本当は遠い世界で有って欲しい現実なのです。

そして、これもまた、現実の出来事です。

【家族とは名ばかり】

宅配のお兄さんが玄関先に居ました。
散歩から帰えったばかりだった知人は、犬を玄関脇に待たせ門をあけたまま、リードやらバッグやらを片づけていました。
ふと、宅配のお兄さんを見ると、少し離れた所で固まっていたそうです。
「えっ、ひょっとして犬ダメなんですか?」そう聞くと、
「ダメです~」と後ずさり・・・。
そうは見えない容姿のがっちり系のお兄さんだけどねぇ。

お兄さんいわく、宅配の仕事をしていると、年に2~3回は噛まれるらしいのです。
「私なんかもう20~30回は咬まれていますから・・・」と苦笑いしていました。
思わず絶句してしまった知人。
そういえば、メール便のおばさんも、同じような事を言っていたと聞いたことが・・・。
犬が増えた分、そうした問題も多くなっているのかも知れません。

そもそも、犬や猫を"ペット"ではなく"家族の一員"と言う人達なのに、 そのくせ教育費はムック本を数冊買うくらい。
ごはんは、何が入っているのかも知らない加工フードばかりを与えている人も多い世の中です。
そして長時間の留守番を仔犬の頃からさせている。
自分の子供にそんなことするのですか?
しないですよね?
にもかかわらずそうしているのだったら、それは家族の一員じゃないでは?
そういう人は、家族とは言ってはいけないと思ってしまいます。
そして、玄関先に正直こう書いて欲しいです「猛犬注意!」と・・・。
もしくは、家族と言った以上は、習性を考慮して家族のようにお金はかかると覚悟も必要です。

-+-+-+-+-+-+-+-

皆さんは、愛するワン・ニャンを「家族の一員」と呼べますか?

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

わらひよ

Author:わらひよ
東京スカイツリーの近所で、個人での預かり&里親さま募集をしている「わらひよ」こと、ペットケアアドバイザー(愛玩動物飼養管理士1級)で甘い物が苦手な「わらび」と、甘い物が好きだけどダイエットもしなきゃ?の受付係の「ひよこ豆」。
保護ワンニャンの教育係兼遊び相手は・・・三毛猫の風鈴姉妹、沖縄80頭崩壊出身の麦、愛護センター出身の花です。

【里親さまお申込みフォーム】
 ↑クリック↑
上手く開かない場合はhttp://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P85585233
(コピペしてご使用ください)

facebookはじめました

twitterはじめました

同盟バナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
わらひよ家からの卒業生




























カウンター
検索フォーム
リンク(50音順)





RSSリンクの表示
QRコード
QRコード