ブリーダーと行政

数日前から記事にしようと思いながら、なかなか文章にすることが出来ずにいた
内容があります。

以前、フジテレビのニュースJAPANの特集で『命の現場②』がありました。
ご覧になった方も大勢いると思いますが、その中のパピーミル工場と言われた
茨城のブリーダー…。

20100520_745865.jpg
20100520_745890.jpg
無理な繁殖で歯や顎の骨まで解けてしまった子。



わらひよの友人とその仲間達が、そのブリーダーの犬と猫を助けるために動いていました。
その子達を受け入れるために、我が家の保護スペースを空けていたのですが…
大変悔しい結果がわらひよにも連絡が入ったのです。


詳しくは『純情仔猫物語』の5/20からの記事をご覧下さい。


20100520_746457.jpg

悪徳ブリーダーと聞くと、犬を想像される方が多いと思いますが、ここには
猫も多くいました。
友人がこのブリーダーの夫婦と話をしたとき、夫婦は全く猫の事を知りませんでした。
毛色はもちろん、ワクチンのことも…
ただ、『今は猫の方が儲かるから。』それだけの理由で猫まではじめたそうです。

実際に、猫の事を知らない夫婦が生み出した子猫は障害が出ていました。
市場に出ている、このブリーダーの犬猫で健康な子はいるのでしょうか…

今回、このブリーダーに行政の手が入れば大きな一歩となると思っていました。
でも、それは行政の手によって簡単につぶされました。

もちろん行政によっては本当に頑張って殺処分を減らすために休む間もなく
頑張っている方の話も聞いています。
同じ行政でいったい何が違うのでしょうか…。


何匹かを仲間のブリーダーがセンターに持ち込んだと言うブリーダー夫婦の話を
信じ、知り合いの個人ボラさん達にもセンターの情報を収集していただきましたが
それらしい子は見つかりませんでした。
(ご協力いただいた方々に改めてお礼申しあげます、ありがとうございました。)
本当にセンターに持ち込んだかも疑問になってきました。
あの多くの犬猫はいったい何処にいってしまったのでしょう。

助けてあげたかった・・・
もちろん、いまでも助けてあげたい。

今は、少しでも多くに人に現状を知って貰いたい、そう思っています。


20100521_749327.jpg
20100524_756282.jpg
この水が飲み水です。
ブリーダー夫婦は動物を可愛がっていたと思えますか?


※写真は『純情仔猫物語』からお借りしました。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

わらひよ

Author:わらひよ
東京スカイツリーの近所で、個人での預かり&里親さま募集をしている「わらひよ」こと、ペットケアアドバイザー(愛玩動物飼養管理士1級)で甘い物が苦手な「わらび」と、甘い物が好きだけどダイエットもしなきゃ?の受付係の「ひよこ豆」。
保護ワンニャンの教育係兼遊び相手は・・・三毛猫の風鈴姉妹、沖縄80頭崩壊出身の麦、愛護センター出身の花です。

【里親さまお申込みフォーム】
 ↑クリック↑
上手く開かない場合はhttp://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P85585233
(コピペしてご使用ください)

facebookはじめました

twitterはじめました

同盟バナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
わらひよ家からの卒業生




























カウンター
検索フォーム
リンク(50音順)





RSSリンクの表示
QRコード
QRコード