栗バナー2


メス 生後5ヶ月くらい

[特徴]
 仮名「栗(くり)」 愛称「くりくり くりぼう くりのすけ」
体重 2.9キロ(11月3日現在)

1回目ワクチン接種済 近日中に2回目接種

生まれつきの小眼球症(両眼)で全盲です。




性格:子犬らしくとても元気です。
   他の犬とも上手にプレイバウをしながら遊び、怒られると
   ちゃんと理解して大人しくします。
   人の事が大好きで、人の後を追っかけて足元について周ります。
   
   
トイレ:室内シートで練習中で90%くらいの確立で成功してます。
    寝起きや、遊びに夢中になると方向がわからなくなり時々失敗します。
    その際、必何かしら敷物の上でします。

[経緯]
ブリーダーの元で生まれました。
目が見えなくても子供を生ませられると言うブリーダーを説得し引き取りました。

[その他]
譲渡可能地域 東京近郊(場所によってはお断りする場合があります)

子犬・全盲の点を考え、お留守番が無く小さなお子様のいないご家庭を希望。


生まれつきの小眼球症のため目は全く見えていないようです。
脳波検査などはしていませんが血液検査を行い、内臓面での数値は特に問題は
有りませんが脳圧は少し高い数値が出ました。

預かって1ヶ月、その間に睡眠中にひきつけ発作を数回おこしました。
引き取るまでの疲れや、天候の移り変わりの激しさなどで発作をおこした
可能性も有るので先生と相談の上、様子を見ています。
発作以外は特に問題もなく、快食快便でとても元気です。


生活面では特に何も問題はありません。
トイレも自分で排泄に行きますし、自由に部屋の中を歩き回っています。
突進する歩き方ではないので、尖った場所などが無ければ自分でぶつかりながらも
位置を確認していきます。
10センチくらい高い場所に乗せても、むやみに飛び降りたりせず慎重に降りれるかどうかを
自分で確認します。

人の後を後追いし、最初はゲートなどに飛びついていましたが、最近はその場所で
お座りをして、戻って来るのをじっと待っていることも。
戻ってくると、何十年ぶりかの再会のように大喜びをするしぐさはとても愛しいです。





里親希望の条件として。

(1)完全室内飼い&脱走防止

(2)終生飼育

(3)健康管理

(4)近況報告

(5)避妊手術

(6)譲渡に際しワクチン費用などの一部負担。



里親希望される方は下記アンケートフォームからお申し込みをお願いします。
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P85585233
三日以上過ぎてもご連絡がない場合は、お問い合わせ下さい。
(ご記入のメールアドレスが違っていてご返事できない場合があります)



・携帯からのお申し込みはアンケートの都合上お断りしております。

・タイトル未記入の方は、迷惑メールとして処理されてしまい、
 ご返事できない場合が有ります。

・最低の常識としてお名前をご記入下さい。


可愛いだけでは生活を出来ない子です。
普通に生活できるとはいえ細心の注意が必要な子です。
発作の件など健康面のリスクがあるので金銭的にもそれなりに必要になってきます。

栗と一生を共に過ごせるか・・・
良くお考えになってお申し込みをお願いいたします。

コメントの投稿

初めまして
動画で栗ちゃんのことを知りました

微力ですがリンク転載させてもらいます

☆ オヤジぷー様 ☆

はじめまして。

リンク転載ありがとうございます。
多くの人の目に留まれば、きっと栗の赤い糸も
繋がると思います!!
時間はかかるかもしれませんが、頑張ります。

はじめまして

くりちゃん....なんと痛ましい!
私達はブリーダーや動物プロダクションなどの興行用犬猫救出のボランティアです。
盲目の子を繁殖犬にさせようなんて、とんでもないですね。
ブリーダーにとっては商品だろうし、ずっとケージに入れておくだけだから盲目でも関係ないのでしょうね。

脳圧が高く発作をおこすとのことですが、脳圧が上がり神経を圧迫している可能性がありますね。
多分脳圧を下げていけば発作は治まると思いますが...
川の手地区にお住まいのようですが、同区にあるT先生などは、小眼球症の場合目を閉じないと炎症が上に上がる可能性があると言いますが、そちらの獣医さんの見解はどうですか?

せっかく産まれてきた大事な命、幸せになってもらいたいですね。
よろしければリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?

☆Life Petsさま☆

はじめまして。
栗のリンクを有難うございます。

栗は痛ましい(目をそむけたくなるほど悲惨である)でしょうか?
無知なブリーダーにとっては盲目でも生きてさえいれば関係ないのかもしれませんが
先天性の異常があるにもかかわらず遺伝を考えずに繁殖に使うのは論外と思うのです。

栗の場合、発作を起こすのは睡眠中のみのため一般的なてんかん発作とは違い
フェノバルビタールも効くかどうか試しているような状態です。
墨田区のT先生とはどなたか存じ上げませんが(台東区在住だったので)
かねがふちでも、他の動物病院でも栗の眼を診てくださった先生はどなたも
「小眼球症の場合目を閉じないと炎症が上に上がる可能性がある」と言われてません。
無知で申し訳ありませんが、先天性の小眼球症で炎症があるのでしょうか?
写真で見ていただいてる通り、目は陥没していませんし涙に異常もありませんが。
非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

わらひよ

Author:わらひよ
東京スカイツリーの近所で、個人での預かり&里親さま募集をしている「わらひよ」こと、ペットケアアドバイザー(愛玩動物飼養管理士1級)で甘い物が苦手な「わらび」と、甘い物が好きだけどダイエットもしなきゃ?の受付係の「ひよこ豆」。
保護ワンニャンの教育係兼遊び相手は・・・三毛猫の風鈴姉妹、沖縄80頭崩壊出身の麦、愛護センター出身の花です。

【里親さまお申込みフォーム】
 ↑クリック↑
上手く開かない場合はhttp://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P85585233
(コピペしてご使用ください)

facebookはじめました

twitterはじめました

同盟バナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
わらひよ家からの卒業生




























カウンター
検索フォーム
リンク(50音順)





RSSリンクの表示
QRコード
QRコード