「ひとと動物の防災」の勉強会


都庁を見上げてみました。
先週はこのすぐ近くでフリマをやりましたが、一週間で木々の葉も落ちすっかり「冬」です。

今日は「都庁前」駅近くで、日本愛玩動物協会(東京都支部)で「ひとと動物の防災」の勉強会がありました。
なので、久々にちょっとマジメな話をしたいと思います。


災害と言っても、地震、台風、集中豪雨(ゲリラ豪雨)、それに伴う土砂崩れ・崖崩れ、噴火など、そして自然災害だけとは限りません。
電子力発電所の事故、化学工場火災、テロ、身近なところでは自宅の火災・ガス漏れ・・・。
簡単にあげただけでもこれだけあります。

準備して置くと良い物はたくさんあると思いますが、やはり最低限3~4日分以上のフード、飲料水、リードなどは最低限必要でしょう。
その他、名前・性別・年齢・予防接種の記録・飼い主名などの情報をまとめた「動物手帳」があると良いと思います。
ご飯のときだけは気が荒くなる などのマイナス情報も必要です。
そう書くことによって「ご飯時間意外は一緒に遊んだりできるのね」とボランティアさんがスキンシップを取ってくれやすくなります。
ワタシはケータイの待受にも風・鈴の写真を使ってない(ケータイで写真も撮らない)ので、これを期にケータイに写真データを入れておこうと思いました。
写真が無いと万一の逃走時に探す事もできないので。

行政は、役所は、保健所は何をしてくれるのか・・・言い方が悪いですが期待ばかりしてはいけないと思います。
災害が大きければ大きいほど、役所の職員の方も被災者になっています。
道路が液状化などで通行止めになれば、物資を積んだトラックも重機類も通ることができません。
地域の獣医師さんも被災者ということを忘れてはいけません。
行方不明になっている方、物資が届かずに大変な思いをしている方がたくさんいるのに、支援物資や支援金を動物のために、というのは少なからず批判があります。
そういったことからも、動物の救護は後回しになることも考えられます。

高層マンションにお住いの方は、どうやって避難をするか・・・。
キャリーを持って、フードや水、トイレ砂(ペットシーツ)を持ち、もちろん自分達の非常持出袋を持って、階段で避難できるのか・・・。
多頭飼育の場合、全員をキャリーに入れて連れ出せるのか・・・。
ペット可のマンションなら、共同で備蓄されるのも一つの方法かもしれません。
我が家のように、日中は動物だけで留守番をしているので、その時に地震が起きたらどうするのか・・・。
花のような超小型犬などは、ちょっとした小さい家具が倒れただけでも命に関わる怪我をする恐れもあります。
ですがその反面、しっかりとした家具類を倒れないように固定すれば、屋根などが崩れても生存する空間を作ってあげることも出来るかもしれません。

そしてお住いの地域はペット同伴で避難できるのか出来ないのか、また出来ない場合はどこに行けば受け入れてもらえるのか・・・。
ワタシが住んでいる区では、ペットと同伴で避難所に行けることになっていますが、その後はそこでの指示に従う事になっています。
ですが、ワタシだけが帰宅していたとしても、風と鈴、麦と花を連れて避難する事は物理的に不可能です。
ならばどうするのか・・・。
考えなくてはいけない事がたくさんあります。

避難所で住み分けで生活を始められたとしても、ニャンコの診療には大きな問題があります。
ワンコは屋外でも診療は出来ますが、ニャンコは出来ません。
怪我をしてパニックになっていればなおさらです。
可愛そうに感じる方もいるかもしれませんが、目の荒い洗濯ネットに入れることで簡単な診察やワクチン接種などは受けれるようになります。
ウチではニャンコを病院に連れて行くとき(家猫の風と鈴も)、譲渡に出すときは必ず洗濯ネットに入れて移動しますので、いくつも常備してますが。
袋に入ってる方が安心する子も多いようです。

避難所にワンニャンを連れて行くしか方法がない方が多いと思いますが、普段から何かあったときに数日間でも預かってもらえるような県外のお宅などを見つけておくと良いと思います。
ワンコももちろんかなりのストレスとなりますが、ニャンコは積み上げられたケージの中だけの生活になることも充分考えられます。
その状況下では、風と鈴(家猫たち)は100%何も食べないでしょう。
ハムスターや小鳥などのケージは、ニャンコのケージと同じ場所に積まれることも充分ありえます。
ちょっと考えただけでも、すごいストレスですよね。
鈴は3泊入院の間、一口も飲まず食わずで先生も驚いたほどの頑固さなので、ワタシは風・鈴、麦・花は避難所生活をさせず預ける先を決めてあります。

ズラズラと書き連ねましたが、もしこれを読まれた方に少しでもお役に立てれば幸いです。
最後までお読みくださり、有難うございました。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

わらひよ

Author:わらひよ
東京スカイツリーの近所で、個人での預かり&里親さま募集をしている「わらひよ」こと、ペットケアアドバイザー(愛玩動物飼養管理士1級)で甘い物が苦手な「わらび」と、甘い物が好きだけどダイエットもしなきゃ?の受付係の「ひよこ豆」。
保護ワンニャンの教育係兼遊び相手は・・・三毛猫の風鈴姉妹、沖縄80頭崩壊出身の麦、愛護センター出身の花です。

【里親さまお申込みフォーム】
 ↑クリック↑
上手く開かない場合はhttp://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P85585233
(コピペしてご使用ください)

facebookはじめました

twitterはじめました

同盟バナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
わらひよ家からの卒業生




























カウンター
検索フォーム
リンク(50音順)





RSSリンクの表示
QRコード
QRコード